• top
  • concept
  • products
  • greens
  • findmygreen
  • contents
  • instagram
  • cart

interview

&Greenスペシャルインタビュー #05
goodroomタイアップ③ 詩乃さん

わたしの、居場所。

 賃貸物件情報サイト「goodroom」様とのタイアップ第3弾。今回は、フリーランス編集者として活躍される詩乃さんにインタビュー。柔らかな陽だまり、お気に入りの本、みずみずしい植物たち……。まるで「おかえり」とやさしく出迎えてくれるような詩乃さんの“帰りたくなる家”。暮らしの楽しみ方などお話を伺いました。

今のお部屋に決めた理由を教えてください。

 完全に一目惚れでした。いざ引っ越そうと思い物件サイトで探しはじめたものの、エリア縛りがないこともありなかなか好みの物件に出会えず……。心が折れそうになった時に今のお部屋が出てきて「ここだ!」と。惹かれた要素は無垢の床と落ち着いたトーン、それと出窓から入る柔らかな光。仕事柄遠出することも多いので、帰りたくなる家、愛せるお部屋かどうかが大きなポイントでした。

今のお部屋に住んでから暮らしは変わりましたか?

 もともと旅をしながら暮らしていたんです。東京と旅先と半々って感じで。新しい場所や人との出会い、様々な景色を見るのが好きで、ざっくり場所だけ決めたら、片道の航空券だけ持って帰りたくなったら帰るという生活をしていました。一方で、暮らしはおざなりになっていたんですよね。家は寝に帰るだけ、まるで倉庫……。この生活を変えようと思いその第一歩が「帰りたくなる家に住むこと」。そして、暮らしを豊かにするエッセンスとして植物に関心を持つようになりました。

暮らしの楽しみ方を教えてください。

 紅茶を淹れて一人掛けのソファに体育座りしながら本を読む。それで3時間みたいなのが幸せです。エッセイ、小説、雑誌、月に15冊くらい読んじゃいます。最近は時代小説ブームで、映画化された作品を週4~5本のペースで観ていて。カフェ巡りや一人旅も好きなので体がふたつ欲しいなって切実に思います。

&Greenを受け取った時の感想は?

 届いた時は嬉しい気持ちになりました。ポストに投函スタイルが遠い友人からのギフトみたいで胸が高鳴ります。それに、おまかせで組み合わせてもらえるのがいいですよね。自分では選ばない組み合わせだったり新しい発見があって面白い。「なるほど、こう組み合わせるのか!」ってもっともっと知りたくなります。ちなみに今回届いた中でのお気に入りは「ポリシャス」。可愛いなぁって毎朝眺めています。

今まで育ててきた植物と&Greenの違い、おすすめしたい人を教えてください。

 植物を置く楽しさは実感していたのですが、土や栄養剤の選び方が難しく感じる一面もありました。勉強しながら頑張って育てても元気がなくなっちゃうと心苦しくて……。&Greenはそれを感じず手軽に育てられるのでありがたいです。

 おすすめしたい人は全国民!おすすめじゃない人が思い当たらない。ただ、すごく個人的に言えば単身赴任の父にすすめたいです。父も然りですが、男性って無機質、シンプルなお部屋になりがちな印象。そんなとき植物がひとつあるだけで生活が少し明るくなったり、ちょっとだけ華やかさが出るので、ぜひ教えてあげたいですね。

詩乃さんプロフィール
-----------------
フリーランスのライター、編集者、ディレクター。2017年より暮らしたい街を探す旅を始め、「月の半分を東京、もう半分を日本のどこか」というライフスタイルに。現在は二拠点生活の準備中。旅と家具集めが好物の1995年生まれ。

https://www.instagram.com/shino74_811/
-----------------

goodroom プロフィール
-----------------
デザイナーズやリノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」、一人暮らしや二人暮らしのインテリア・暮らしのアイディアをお届けする「goodroom journal」を運営しています。

https://www.goodrooms.jp/
https://www.goodrooms.jp/journal/
-----------------